ホームThink with magazine生産性向上
コミュニケーションに役立つテレビ会議システム 身近になったテレビ会議で拠点間のコミュニケーションがスムーズに!

生産性向上

コミュニケーションに役立つテレビ会議システム 身近になったテレビ会議で拠点間のコミュニケーションがスムーズに!

2017年04月21日

1704214_img1.jpg

コミュニケーションに役立つテレビ会議システム

身近になったテレビ会議で拠点間のコミュニケーションがスムーズに!

遠く離れた場所にいても、オンラインを通じて会議に参加できる『テレビ会議』。とても便利ではありますが、かつては100万円を超えるようなシステムが多く、とりわけ中小企業にとっては高嶺の花でした。しかし現在は、格段に安価で導入できるようになっています。今回は、そんな『テレビ会議』システムの代表格といえる『Chromebox for meetings』についてご紹介します。

目次

出張コスト削減にもつながる、手軽で安価な『Chromebox for meetings』

『Chromebox for meetings』は、Google の映像会話システム『Google ハングアウト』を利用したサービスです。必要となるのは、コンパクトな専用端末とカメラ、マイク&スピーカー、リモコン。端末をテレビやパソコンなどのディスプレイとつなげます。あとはインターネット環境があればOK。いつでも手軽にお互いの表情や資料を見ながらテレビ会議を行うことができます。従来のシステムに比べて設定が簡単で、開封から数分で利用できる導入の手軽さも特長の一つです。

例えば、東京本社の会議室と、大阪支社の会議室。この2拠点をつなぐことでテレビ会議が可能です。まず大きなメリットとしては、コスト面でしょう。地方から東京の本社に出張して参加する際は、当然ながら往復の交通費や宿泊費がかかります。会議だけでなく打合せや研修などでも活用すれば、年間を通じて大きなコスト削減につながります。なお拠点は、最大25カ所まで接続することが可能。複数支社のメンバーが一堂に介する会議も行えます。

画質の良さも特長のひとつ。一昔前のツールでは、映像が粗くお互いの表情を把握しにくいこともありました。『Chromebox for meetings』はハイスペックなプロセッサーとフルHDのビデオカメラにより、高画質が実現。実際にそばにいて会話をしているような臨場感があります。状況に応じて手もとの資料やホワイトボードを画面に映したり、繊細な映像による情報共有もできます。

もうひとつ便利なのは、Googleのクラウド型グループウエア『G Suite』を利用している場合、Googleカレンダーと連携を図れること。Googleカレンダーとは一般的なスケジュール管理ツールであり、そのスケジューラと『Chromebox for meetings』が連動。電源を入れ、表示されたスケジュールをリモコンでワンタッチするだけで会議を始められます。同じGoogleのサービスだから可能な機能です。

スマートフォンやタブレットからの参加も可能。在宅勤務にも実現味

『Chromebox for meetings』でのテレビ会議は、スマートフォンやタブレット、パソコンなど、どんな端末からも参加することができます。

『Chromebox for meetings』を本社に設置して、いざテレビ会議スタート。遠隔地にある支社のパソコンから会議に参加はもちろん、外出中の営業マンや遠隔地のメンバーは、スマートフォンやタブレットを通じて手軽に参加できる点も魅力です。会議のためだけに帰社する必要がなくなり、その労力を営業活動に回すことができます。

もちろん、自宅から参加することも可能。取引先に足を運んだ後に直帰したいのに、会議予定がある...という場合でも、自宅から参加できるため時間を有効に使うことができます。もちろん、育児や介護で自宅を離れられない方の在宅勤務においても有効です。

社内だけでなく、取引先や協力会社との会議にも活用できることでしょう。また、ゲストユーザーを招待する機能を活用して、採用面接をリモートで行っている企業もあります。『Chromebox for meetings』であれば、相手にメールアドレスとブラウザ、インターネット環境さえあればテレビ会議を行えます。一次、二次面接はリモート、最終面接は対面といったような使い分けも可能です。

『Chromebox for meetings』では会議室の広さや参加人数など、会議開催の規模に応じて複数のスペックと価格帯が用意されています。用途に合わせ、導入しやすいツールと言えます。拠点間のコミュニケーションを円滑にして出張経費などのコスト削減をもたらすと同時に、在宅勤務などの活用にもつながるテレビ会議システム。ぜひ一度、導入を検討してみてはいかがでしょう。

次回予告

次回は、実際にチャットツールやテレビ会議システムを導入した企業において、どんな課題解決がもたらされたのか、導入事例をご紹介します。

関連商材

※ 記載された情報は、掲載日現在のものです。