ホームThink with magazineコラム・レポート
ビジネスシーンにおける男の品格

コラム・レポート

ビジネスマンの品格

ビジネスシーンにおける男の品格

2020年01月15日

191029-2_img1.jpg

ビジネスシーンにおいて、見た目のスマートさやセンスのある話術は、大事なビジネスツール。でも本当に大切なことは...

孤立することを恐れてはならない

仕事はそこそこだけど人あたりがよくて付き合いがいい。逆に付き合い悪くて怖い人だけど仕事は一流。あなたならどちらを選びますか? 
最近の風潮かもしれませんが、やたらと「絆」と称して人と人とのつながりを重んじる傾向があります。それ自体は悪いことではありません。ですが、つながりばかりに気を使っていると、関係の維持ばかりが優先されてしまいます。ここははっきり言っておかなければならないという場面でも、ことを荒立てたくないと考えてしまいます。その場を丸く収めることは大事なことですが、それによって本来の目的が見えなくなることは、いちばんやってはいけないことです。特にビジネスシーンにおいては。

自分とは違う意見に9割が賛成したら、多少の異議はあっても大勢に迎合するか。逆にここは一歩も引けないという意思を示し、孤立覚悟で主張を通すべきなのか。その行動がよかったのか悪かったのかは、結果を見なければわかりません。でも、いつも長いものに巻かれていたり、大樹の影に隠れてばかりいたら、結果を残すことはできません。
結果を残す人は、周囲の反対意見を無視して突き進むタイプが多いように思われます。そんな人のことをKY、すなわち空気が読めない人などとも言いますが、KY大いにけっこう。

こんな言葉があります。「歴史上のあらゆる大偉業は不可能と言われたものである」。
トロイの遺跡を発掘したシュリーマンが周囲からどう言われていたかは容易に想像がつきます。おそらく、とんでもないKY男だったに違いありません。しかしKYを貫けばすべてうまくいくというワケではもちろんありません。失敗した時の覚悟をつねに持ち、絶対に言い訳をしないことが肝心です。作家の川北義則さんは著書の中で、「覚悟ができていれば言い訳はしなくなる」と述べられています。覚悟の持ち方が本物の品格を生むのかもしれません。

※参考文献 「結果を出す人はなぜつきあいが悪いのか」(川北義則著 WAVE出版刊)


191015_ph.jpg

川北義則
プロフィール
慶應義塾大学卒、東京スポーツ入社。文化部長、出版部長を歴任。退社後は出版プロデューサーとして活躍。現在は執筆活動を展開。著書は「男の品格」「20代でやっておきたいこと」など多数。

※ 記載された情報は、掲載日現在のものです。