PROJECT STORY 01

最先端技術で、
集客と成約率アップ支援

不動産会社のショッピングモール店舗の目玉として、
短納期で、360度VRでの住宅等内覧などを実現、
集客と成約率を高めた。

PROJECT MEMBER

  • 2017年中途入社
    セールスエンジニア:新宿本社
    プロジェクト営業本部
    営業支援センター

    小嶋 大樹

    導入することでお客さまの本業にどう貢献できるのか、を考え続け、その考えをメンバーと実現する事が出来たプロジェクトでした

  • 2012年中途入社
    営業:南関東支社
    ソリューション多摩支店

    新井 大樹

    パートナー企業やKDDI本体など、機動性の高い社内外の方々と協業した結果、お客さまが実現したい事に応えられたプロジェクトでした

STORY ─ 01なんでもご相談して下さるお客様から
新店舗の目玉の新技術導入のご依頼。

その日、新井に電話をかけてきたのは、その年の2月に、グループウエアを導入した不動産会社のご担当者でした。取引はそのひとつだけでしたが、それまでも「グループウエアはこんな使い方できるのか?」など、さまざまなご相談をいただいていました。
今回はショッピングモールに初めて出店するにあたり、目玉にするものを考えたいというご相談。「デジタルサイネージ(電子看板)」や「VR(バーチャル・リアリティ)」、そして「3 D」などのキーワードが出てきました。

STORY ─ 02初めて取り扱う最先端技術。
社内外のナレッジを集めて実現を目指した。

「取り扱ったことのないサービスだったので、まず社内外で相談しました」
《KDDI まとめてオフィス》としてはVRを活用したものを扱った前例がありませんでした。まず新井は、KDDI本体であればVR技術をお客様に提案した経験があるのではと思い、KDDI本体のIoT技術部に相談しました。その後社内のSEである小嶋にも相談。
小嶋は、社内でデジタルサイネージを活用した経験があり、新井の相談内容は実現できるのではと感じました。小嶋が相談を受けたのは9月下旬でしたが、店のプレオープンは11月20日。2か月弱と短納期の仕事を受けるのであれば即時に判断しなければなりません。技術要件的にはある程度できそうな形が見えていた小嶋は、上長とも相談し新井と共に、お客様の要望を実現すると決断しました。

STORY ─ 03短納期の中で間に合わせるために
クライアントと共に大奮闘

「機器やコンテンツの配信プラットフォームだけでなく、コンテンツの作成もあり、お客さま(クライアント)やその先のお客さま、協力パートナーさんまで、いろいろな人に協力いただき、同時並行で動きました」
最終的に作成したコンテンツは住宅の内覧、山々など周辺環境も含めた分譲地の紹介、購入されたお客さまのインタビュー、そして職人さんによる建築工程です。デジタルサイネージ用の他、住宅内覧と分譲地紹介は、360度見られる3DのVRコンテンツも作成しました。
プレオープン1週間前の完成まで、わずか1カ月。新井と小嶋はすべての関係者に納得して、動いてもらえるよう、調整に心砕くと共に、千葉から山梨まで、さまざまな現場に走り回りました。

STORY ─ 04クライアントと同じ方向を向いて、
その先の顧客を思い描いて

「不動産屋にわざわざ来る人だけでなく、ショッピングモールに来て、たまたま通りかかった人の興味もひけないか考えました」
SEである小嶋は、営業担当の新井、お客様である不動産会社と同じ方向を向くのはもちろんのこと、クライアントの先にいる顧客のことまで考えて、プロジェクトを進めました。単に技術だけを売るのではなく、クライアントが本当に実現したい目的を実現できる提案が出来るからこそ、《KDDI まとめてオフィス》がやる意味があります。
サイネージ3台、VR 5台。この8台を通りすがりのお客さまの目を惹くよう設置位置まで検討しました。

STORY ─ 05新しい技術によって生まれた
不動産の新たな営業スタイル

「完成したとき、お客さま(クライアント)からは本当に好評をいただきました。それだけでなく、お客様の営業スタイルの変革を生み、結果としてお客様の成約率向上にもつながっています」
これまでの不動産の営業は現地まで足を運んでもらい、現物を見てもらうスタイルでしたが、デジタルサイネージと3DのVRを用いた今回のシステムにより、わざわざ現地に行かずにショッピングモール内で商品を見てもらうができるようになりました。その効果は6カ月で月平均1.5棟の注文住宅を受注という、高い成約率につながりました。
単にモノやシステムを売るのではなく、クライアントと共に、クライアントの先にいる顧客まで考えて、ビジネスをより良くするための最適な方法を提案した結果です。このプロジェクトは社内で素晴らしい案件の一つとして社長賞も受賞するプロジェクトとなりました。

募集要項はこちら

RECRUIT