Starlink Business

衛星通信・衛星電話

Starlink Business

「Starlink Business」は、大規模な低軌道衛星コンステレーション (衛星群) によって提供される、次世代の衛星通信サービスです。

Starlinkの特長

高速かつ低遅延のデータ通信を実現数千機の低軌道周回衛星によって提供されており、従来の衛星通信サービスに比べて大幅に高速かつ低遅延のデータ通信を実現します。

高速かつ低遅延のデータ通信を実現
数千機の低軌道周回衛星によって提供されており、従来の衛星通信サービスに比べて大幅に高速かつ低遅延のデータ通信を実現します。

ほぼどこからでも通信が可能世界のほぼ全域をカバーしているため、地球上のどこからでも通信が可能です。

ほぼどこからでも通信が可能
世界のほぼ全域をカバーしているため、地球上のどこからでも通信が可能です。

山間や海上、砂漠、災害現場でも通信網が整備されていない海上や砂漠での通信のほか、通信手段が途絶えてしまった災害現場での非常用通信手段としても広く利用されています。

山間や海上、砂漠、災害現場でも
通信網が整備されていない海上や砂漠での通信のほか、通信手段が途絶えてしまった災害現場での非常用通信手段としても広く利用されています。

Starlinkとは

クラウド利用の構成図

数千基の低軌道衛星により大容量・低遅延通信を実現。不感地対策やBCP対応など、クラウドの活用範囲を拡大します。

クラウド利用の構成図

「KDDI Wide Area Virtual Switch」「KDDI Wide Area Virtual Switch2」利用の構成図

LTEや5Gのエリア外のような場所でも、Starlinkを使ってKDDI WVS / KDDI WVS2 ※1に接続することにより、社内ネットワークへのアクセスを実現。また、災害などで光ファイバーが断線した場合などのバックアップとしてもご活用いただけます。

「KDDI Wide Area Virtual Switch」「KDDI Wide Area Virtual Switch2」利用の構成図
  • ※1 「KDDI Wide Area Virtual Switch」「KDDI Wide Area Virtual Switch2」の略で、以下KDDI WVS / KDDI WVS2。
  • ※2 KDDI WVS BBA2 インターネット / KDDI WVS2 BBA3 インターネットのアクセスメニューにて利用可能 (Starlinkとセット利用する専用の申し込みが必要)。

既存の衛星通信サービスとの違い

衛星携帯電話

インマルサット イリジウム
衛星携帯電話

音声通信ならこれ

データ通信速度
(ベストエフォート)
×※1
データ通信遅延 ×※1
利用周波数帯 Lバンド

BGAN / Certusランド

インマルサット イリジウム
BGAN / Certusランド

耐天候性に優れた従量課金制データ通信

データ通信速度
(ベストエフォート)
~0.7Mbps※2
データ通信遅延 ~数秒
利用周波数帯 Lバンド

Starlink Business

Starlink
Starlink Business

高速・利用料定額データ通信

データ通信速度
(ベストエフォート)
~220Mbps※3
データ通信遅延 25~50ミリ秒
利用周波数帯 Kuバンド
  • ※1 各衛星電話には数kbpsオーダーのデータ通信もご利用いただけますが、データ通信として利用するには帯域が極端に狭いため、このような表現としました。
  • ※2 「イリジウムCertusランド」の下りベストエフォートの値です。
  • ※3 2022年11月時点で公表されている下りベストエフォートの値です。

端末仕様

Starlink Business

HPタイプStarlinkキット

アンテナ板:575 x 511 mm 総重量:約20kg

HPタイプStarlinkキット

アンテナ板サイズ 575 x 511 mm
アンテナ視野 140°
重量 約20kg ※1
消費電力 110-150W
電源電圧 100-240V
耐環境性 IP56 (強噴流水耐性) ※2
動作温度 -30℃~50℃
融雪機能 最大75mm/時
耐風速 80km/hまで ※3
標準Wi-Fiルーターへの同時接続台数 128台
  1. ※1 重量は付属品などすべて含めた納品時の重量です。
  2. ※2 IP56とは全ての方向からの噴水流耐性を有し、かつ粉塵の侵入がない耐環境性を指します。なお本製品の有する性能は試験環境下での確認であり、実際の使用時すべての状況での動作を保証するものではありません。また、無破損・無故障を保証するものでもありません。
  3. ※3 通信が正常に動作するとされる風速であり、物理的破損限界風速ではありません。

設置支援から運用まで

設置支援もお任せください

小規模工事構成

アンテナの据付きと固定、壁貫通、標準キット機器範囲内での配線

小規模工事構成

大規模工事構成

アンテナの据付きと固定や電源延長、壁貫通、フロア間の通信ケーブル敷設

大規模工事構成
  • ※ オレンジ部分は標準キット範囲外
  • ※ 工事については個別御見積の上、別途お申し込みとなります。

実際のご利用例を動画で紹介!

動画再生時間: 7分37秒

Starlink Businessご利用シーン

企業・自治体のBCP対応

企業・自治体のBCP対応

事業活動の維持、公共サービスの継続

自然災害対応

自然災害対応

被災地の通信環境、避難所の通信環境

開発・保守の前線でもブロードバンドを短納期で提供

開発・保守の前線でもブロードバンドを短納期で提供

大規模工事建設前の事務所での利用

山間や海上、砂漠

山間や海上、砂漠

通信網が整備されていない場所での利用

Starlink Business資料請求・ダウンロード

Starlink Businessなら、高速かつ低遅延のデータ通信を実現!
企業・自治体のBCP対応、社会のセカンドインフラとしても活用出来る!
まずはKDDI まとめてオフィスにお気軽にお問い合わせください。