建設業界のはたらくを
ともに変えていく。

株式会社東リース様

メインビジュアル

建設業界のはたらくを
ともに変えていく。

株式会社東リース様

1979年に創業し、建設機械器具のレンタル・リース・販売・修理を中心に事業を展開する株式会社東リース様。DX、ICT化の推進が急務になっている建設業界において、いち早くICT事業部を立ち上げ、自社のみならず業界のこれからのはたらき方を見据えて経営を推進されています。本記事では、東リース様で常務取締役 営業本部長を務める黒米様、DX推進の中心を担う情報システム部課長井上様と共に、これまでに生まれた「はたらく環境」の変化や、建設業界の「はたらく未来」を変えていくための今後の展望について対談を行いました。

Profile

プロフィール

  • 東リース 黒米様アイコン

    株式会社東リース

    黒米 将男様

    Masao Kurogome

    1968年創業の東グループの中核企業、東リースにて、常務取締役 営業本部長を務める。関東を中心に建設機械器具のレンタル・リース・販売・修理を提供する東リースは、建設現場へのICT技術導入にも積極的で、業界において指導的役割も果たしている。

  • 東リース 井上様アイコン

    株式会社東リース

    井上 昭宏様

    Akihiro Inoue

    情報システム部課長。システムエンジニアとしてのキャリアを歩んだ後、2017年、東リースに入社。東リースの情報システム関係を一手に担い、DXを推進する。

  • KDDI まとめてオフィス 八島アイコン

    KDDI まとめてオフィス

    八島 圭

    Kei Yashima

    2013年入社。現在は営業本部 法人営業1部に所属。お客さまに寄り添った真摯な対応を心掛け、幅広い提案力で「はたらく未来を変えていくパートナー」を目指し挑戦を続ける。

  • KDDI まとめてオフィス 熊田アイコン

    KDDI まとめてオフィス

    熊田 賢司

    Kenji Kumada

    1992年KDDI入社。2022年からKDDI まとめてオフィス北関東支社に出向。未来から逆算した提案で企業のDX推進・サポートに注力している。

Profile

プロフィール

  • 東リース 黒米様アイコン

    株式会社東リース

    黒米 将男様

    Masao Kurogome

    1968年創業の東グループの中核企業、東リースにて、常務取締役 営業本部長を務める。関東を中心に建設機械器具のレンタル・リース・販売・修理を提供する東リースは、建設現場へのICT技術導入にも積極的で、業界において指導的役割も果たしている。

  • 東リース 井上様アイコン

    株式会社東リース

    井上 昭宏様

    Akihiro Inoue

    情報システム部課長。システムエンジニアとしてのキャリアを歩んだ後、2017年、東リースに入社。東リースの情報システム関係を一手に担い、DXを推進する。

  • KDDI まとめてオフィス 八島アイコン

    KDDI まとめてオフィス

    八島 圭

    Kei Yashima

    2013年入社。現在は営業本部 法人営業1部に所属。お客さまに寄り添った真摯な対応を心掛け、幅広い提案力で「はたらく未来を変えていくパートナー」を目指し挑戦を続ける。

  • KDDI まとめてオフィス 熊田アイコン

    KDDI まとめてオフィス

    熊田 賢司

    Kenji Kumada

    1992年KDDI入社。2022年からKDDI まとめてオフィス北関東支社に出向。未来から逆算した提案で企業のDX推進・サポートに注力している。

目次アイコン 目次

目次アイコン 目次

迅速な経営判断に応えるICTを。

東リース 黒米様

KDDI まとめてオフィスさんと初めてお取引をしたのが、今から3~4年ほど前でしたね。拠点数が増加し、「走りながら考えよう」とM&Aを積極的に行い、会社規模も拡大する中で、拠点間の連携をいかに効率よく行うかが重要でした。今後の会社の進化を支えるためにも、ネットワークの整備と強化は欠かせない要素だと考えていました。

東リース 井上様

当時は他社のネットワークサービスを利用していましたが開通までの対応スピードが遅く、数社を検討してKDDI まとめてオフィスさんを選びました。私たちが懸念していた点についてもすぐにつながる仕組みを提案してくださったり、親身に相談に乗ってくれてありがたかったです。その後のお付き合いでも、私たちからの相談に対するレスポンスが非常に早く、すぐに駆けつけてくれます。

KDDI まとめてオフィス 八島

非常に速いスピードで経営判断が行われている東リース様には、それに追いつき、すぐに対応できるICTが必要だと感じました。お取引が始まってからは、黒米常務や井上さんからさまざまなご相談のお電話を頻繁にいただくようになり、私たちも、そのスピード感に応えられる社内体制をつくってお応えしています。現在では、タブレットやスマートフォン、auでんき、光ダイレクト、交換機、複合機、など、ICT化へのトータル支援をさせていただいています。

営業所間の通信を変え、生産性に大きなインパクトをもたせる。

東リース 黒米様

特に当社の生産性の向上に大きく貢献してくれたのが、「KDDI ビジネスコールダイレクト(※)」です。導入以前は、電話でのお問い合わせにお答えできる社員が近くにいなければ、一度電話を切り、対応できる社員に「この方に折り返し電話してください」と依頼する手間がかかっていました。「KDDI ビジネスコールダイレクト」にしてからは、離れた営業所や社員の携帯にも電話を内線転送できます。営業所はかなりの手間が減り、しかも内線通話の通話料金がかからないことで、大幅な経費削減になっています。ご提案がなければ、こんなことができるとは知りませんでした。

KDDI まとめてオフィス 八島

このサービスをご提案したきっかけは、営業所ごとに電話回線も電話機もバラバラで管理が難しい、という話をお伺いしたことでした。まずはそれらを統一して管理をラクにすることをご提案し、さらに便利な転送機能も併せてご紹介させていただきました。レンタルする機器を営業所同士で融通しあうなど、非常に密な営業所間の連携をされていた東リース様には、大きなインパクトをもたらせると思っていました。

東リース 井上様

通話品質も高く、社外で転送を受けても、まるで営業所内にいるかのようにスムーズにお客さまと話すことができるので、ご対応のスピード感が変わったと営業所のメンバーからも好評ですよ。

(※)KDDI ビジネスコールダイレクトの商品詳細はこちらからご覧いただけます。(KDDIサイトへ移動します)

お困りごとの解決のためには、扱っていない商材でも調達する。

東リース 黒米様

そもそも建設業界のDXは遅れていて、数年前までは当社も同様でした。しかし、KDDI まとめてオフィスさんとお取引を始めた3~4年前から、社内のDXへの意識も相当な変化がありました。以前は営業所から稟議書がFAXで本社に届き、社長の承認印を押して、さらにFAXで返信するといった二重、三重の手間がかかっているような状態でしたから。

東リース 井上様

今は、紙からデジタルへ積極的にシフトすることでずいぶんと業務の効率化を図れてきています。また、新たに建設機械の入出庫点検をスマートフォンで管理できるようにしましたが、これも元々は紙で管理していました。確認のためには、現場にいてもわざわざ本社に戻らなければいけなかったんです。スマートフォンでの管理に変わったことで、どこにいても確認が取れるようになり、仕事の効率が大幅に良くなりました。

KDDI まとめてオフィス 熊田

情報システム部には社内のIT全般に関する要望がリアルタイムで寄せられており、井上さんにはさまざまな部署の方をつないでいただいています。直接現場の方とやりとりさせていただくことで、抱えている課題や、本当に必要としているソリューションをご提案させていただくことができています。例えばセキュリティ対策として全営業所に防犯カメラを設置したときには、もともと私たちが取り扱っていない商材でしたが、調達元を探し出して確保したこともありました。私たちもご相談にお応えしながら、対応できることの幅を広げることができています。

東リース 井上様

納期が大変タイトな中かなり無茶なお願いだったと思いますが、迅速に対応いただいいて本当に助かりました。KDDIを母体にしている大きな会社さんなのに、これほどスピード感をもって私たちの立場になって動いていただけるのは、かなり珍しいことだと思います。しかも、KDDI まとめてオフィス 八島さんから熊田さんに担当者が変わっても、対応のスピード感やレスポンスの速さは変わらないままです。本当に信頼できますし、安心して何でも任せることができる一番の理由ですね。

事業の可能性を広げるご提案と、強みを活かしあうお取引を。

東リース 黒米様

これまでたくさんのお取引をさせていただきましたが、今興味を持っているのは衛星ブロードバンドインターネット「Starlink Business(※)」です。災害時に道路が切断されたり、倒木があったときなどは、建設業界の出番。そういった有事の際の通信手段の確保のために有効ではないかと検討を始めています。これも、私たちが考えていたことと、KDDI まとめてオフィスさんがこういうものがありますよ、とご提案してくれたことがつながって話が進んでいるものですね。

KDDI まとめてオフィス 熊田

先日ちょうど関係各部門の方々10数名に向けて説明会をさせていただき、今後東リース様の事業に「Starlink Business」がどう役立つのか意見交換をさせていただきました。

東リース 井上様

もともと話を伺ったのも、KDDI まとめてオフィス 熊田さんとICT事業部のメンバーと話している時でした。社内のメンバーもこんなものがあればいいのに、と日頃考えているんですが、それが実際どんなシステムやサービスを使えばいいのかまでは分からないんですよね。それを通信のプロとして商材をご提案いただけることで、構想していることの解像度がぐっと上がっています。

KDDI まとめてオフィス 熊田

東リース様は社内にICT事業部をつくり、新しいサービスの開発に力を入れておられますよね。今後は、私たちの商品をサービス開発に組み込んでいただき、協業していくことも出てきそうです。「Starlink Business」もそうですが、他にも屋外ではたらく方々の健康や安全のために、ウェアラブル端末を使ったバイタルセンシングなどの導入といったアイデアも出ています。

(※)Starlink Businessの商品詳細はこちらからご覧いただけます。

社会に不可欠な建設業界を持続的で憧れの仕事に。

東リース 黒米様

建設業界は今後、高齢化に伴う職人不足が予想されており、おまけに現場での業務は危険を伴うため、このままではいっそう人手不足が進んでしまいます。ですから、はたらく人の健康や安全の確保、はたらき方の改革は今後の建設業界にとって大事なテーマです。人手不足を補い、安全にはたらくことができる環境をつくるため、離れたところからオペレーターさんが機械を遠隔操作するような仕組みも必要になるでしょう。今後、そのようなことが可能になれば、社員が遅くまで残る必要もないですし、お客さまにとっても便利なはずですから。
それに、私たちのお客さまには地域の工務店さんや、家族経営を行っている小さな企業も数多くあります。そのほとんどがDXに遅れていて、まだガラケーを使われている社長さんも多くいるのが現状です。ですから、そういった私たちのお客さまやグループ会社にもKDDI まとめてオフィスさんを紹介して、おつなぎすることを始めているんです。そうすることで、私たちのお客さまも幸せにはたらくことができますし、私たちの信頼にもつながり、みんなWin-Winな関係をつくれますよね。

東リース 井上様

弊社が毎年主催している「東祭」というイベントに、KDDI まとめてオフィスさんにもブースを出していただいたことがありますが、大変多くのお客さまがブースに足を運んでいました。やはりどこの企業も、このままではいけないという危機感を感じていらっしゃるんでしょう。

東リース 黒米様

イベントには、建設業を営む方とそのお子さんもたくさん来場されます。だから、そのお子さんたちが「自分も建設業に進みたい」と思える業界にしていきたいんです。そのためには、DXによって業界のはたらき方を改革することは欠かせないピース。KDDI まとめてオフィスさんとは、そんな未来を実現するために今後ともお付き合いをしていければと思います。

KDDI まとめてオフィス 熊田

建設業は私たちの社会や生活を成り立たせている、なくてはならない存在です。その持続的な発展だけでなく、次の世代の方々が憧れを持てる業界にしていくため、業界のDXを一緒に推進していきたいですね。KDDI まとめてオフィスの存在が、東リース様のさらなる信頼にもつながり、建設業界のはたらく環境を変えることにつながっていくよう尽力いたします。

はたらく未来を変えていく はたらく未来を変えていく
座談会の様子

迅速な経営判断に応えるICTを。

東リース 黒米様

KDDI まとめてオフィスさんと初めてお取引をしたのが、今から3~4年ほど前でしたね。拠点数が増加し、「走りながら考えよう」とM&Aを積極的に行い、会社規模も拡大する中で、拠点間の連携をいかに効率よく行うかが重要でした。今後の会社の進化を支えるためにも、ネットワークの整備と強化は欠かせない要素だと考えていました。

東リース 井上様

当時は他社のネットワークサービスを利用していましたが開通までの対応スピードが遅く、数社を検討してKDDI まとめてオフィスさんを選びました。私たちが懸念していた点についてもすぐにつながる仕組みを提案してくださったり、親身に相談に乗ってくれてありがたかったです。その後のお付き合いでも、私たちからの相談に対するレスポンスが非常に早く、すぐに駆けつけてくれます。

KDDI まとめてオフィス 八島

非常に速いスピードで経営判断が行われている東リース様には、それに追いつき、すぐに対応できるICTが必要だと感じました。お取引が始まってからは、黒米常務や井上さんからさまざまなご相談のお電話を頻繁にいただくようになり、私たちも、そのスピード感に応えられる社内体制をつくってお応えしています。現在では、タブレットやスマートフォン、auでんき、光ダイレクト、交換機、複合機、など、ICT化へのトータル支援をさせていただいています。

座談会の様子

営業所間の通信を変え、生産性に大きなインパクトをもたせる。

東リース 黒米様

特に当社の生産性の向上に大きく貢献してくれたのが、「KDDI ビジネスコールダイレクト(※)」です。導入以前は、電話でのお問い合わせにお答えできる社員が近くにいなければ、一度電話を切り、対応できる社員に「この方に折り返し電話してください」と依頼する手間がかかっていました。「KDDI ビジネスコールダイレクト」にしてからは、離れた営業所や社員の携帯にも電話を内線転送できます。営業所はかなりの手間が減り、しかも内線通話の通話料金がかからないことで、大幅な経費削減になっています。ご提案がなければ、こんなことができるとは知りませんでした。

KDDI まとめてオフィス 八島

このサービスをご提案したきっかけは、営業所ごとに電話回線も電話機もバラバラで管理が難しい、という話をお伺いしたことでした。まずはそれらを統一して管理をラクにすることをご提案し、さらに便利な転送機能も併せてご紹介させていただきました。レンタルする機器を営業所同士で融通しあうなど、非常に密な営業所間の連携をされていた東リース様には、大きなインパクトをもたらせると思っていました。

東リース 井上様

通話品質も高く、社外で転送を受けても、まるで営業所内にいるかのようにスムーズにお客さまと話すことができるので、ご対応のスピード感が変わったと営業所のメンバーからも好評ですよ。

(※)KDDI ビジネスコールダイレクトの商品詳細はこちらからご覧いただけます。(KDDIサイトへ移動します)

座談会の様子

お困りごとの解決のためには、扱っていない商材でも調達する。

東リース 黒米様

そもそも建設業界のDXは遅れていて、数年前までは当社も同様でした。しかし、KDDI まとめてオフィスさんとお取引を始めた3~4年前から、社内のDXへの意識も相当な変化がありました。以前は営業所から稟議書がFAXで本社に届き、社長の承認印を押して、さらにFAXで返信するといった二重、三重の手間がかかっているような状態でしたから。

東リース 井上様

今は、紙からデジタルへ積極的にシフトすることでずいぶんと業務の効率化を図れてきています。また、新たに建設機械の入出庫点検をスマートフォンで管理できるようにしましたが、これも元々は紙で管理していました。確認のためには、現場にいてもわざわざ本社に戻らなければいけなかったんです。スマートフォンでの管理に変わったことで、どこにいても確認が取れるようになり、仕事の効率が大幅に良くなりました。

KDDI まとめてオフィス 熊田

情報システム部には社内のIT全般に関する要望がリアルタイムで寄せられており、井上さんにはさまざまな部署の方をつないでいただいています。直接現場の方とやりとりさせていただくことで、抱えている課題や、本当に必要としているソリューションをご提案させていただくことができています。例えばセキュリティ対策として全営業所に防犯カメラを設置したときには、もともと私たちが取り扱っていない商材でしたが、調達元を探し出して確保したこともありました。私たちもご相談にお応えしながら、対応できることの幅を広げることができています。

東リース 井上様

納期が大変タイトな中かなり無茶なお願いだったと思いますが、迅速に対応いただいいて本当に助かりました。KDDIを母体にしている大きな会社さんなのに、これほどスピード感をもって私たちの立場になって動いていただけるのは、かなり珍しいことだと思います。しかも、KDDI まとめてオフィス 八島さんから熊田さんに担当者が変わっても、対応のスピード感やレスポンスの速さは変わらないままです。本当に信頼できますし、安心して何でも任せることができる一番の理由ですね。

座談会の様子

事業の可能性を広げるご提案と、強みを活かしあうお取引を。

東リース 黒米様

これまでたくさんのお取引をさせていただきましたが、今興味を持っているのは衛星ブロードバンドインターネット「Starlink Business(※)」です。災害時に道路が切断されたり、倒木があったときなどは、建設業界の出番。そういった有事の際の通信手段の確保のために有効ではないかと検討を始めています。これも、私たちが考えていたことと、KDDI まとめてオフィスさんがこういうものがありますよ、とご提案してくれたことがつながって話が進んでいるものですね。

KDDI まとめてオフィス 熊田

先日ちょうど関係各部門の方々10数名に向けて説明会をさせていただき、今後東リース様の事業に「Starlink Business」がどう役立つのか意見交換をさせていただきました。

東リース 井上様

もともと話を伺ったのも、KDDI まとめてオフィス 熊田さんとICT事業部のメンバーと話している時でした。社内のメンバーもこんなものがあればいいのに、と日頃考えているんですが、それが実際どんなシステムやサービスを使えばいいのかまでは分からないんですよね。それを通信のプロとして商材をご提案いただけることで、構想していることの解像度がぐっと上がっています。

KDDI まとめてオフィス 熊田

東リース様は社内にICT事業部をつくり、新しいサービスの開発に力を入れておられますよね。今後は、私たちの商品をサービス開発に組み込んでいただき、協業していくことも出てきそうです。「Starlink Business」もそうですが、他にも屋外ではたらく方々の健康や安全のために、ウェアラブル端末を使ったバイタルセンシングなどの導入といったアイデアも出ています。

(※)Starlink Businessの商品詳細はこちらからご覧いただけます。

座談会の様子

社会に不可欠な建設業界を持続的で憧れの仕事に。

東リース 黒米様

建設業界は今後、高齢化に伴う職人不足が予想されており、おまけに現場での業務は危険を伴うため、このままではいっそう人手不足が進んでしまいます。ですから、はたらく人の健康や安全の確保、はたらき方の改革は今後の建設業界にとって大事なテーマです。人手不足を補い、安全にはたらくことができる環境をつくるため、離れたところからオペレーターさんが機械を遠隔操作するような仕組みも必要になるでしょう。今後、そのようなことが可能になれば、社員が遅くまで残る必要もないですし、お客さまにとっても便利なはずですから。
それに、私たちのお客さまには地域の工務店さんや、家族経営を行っている小さな企業も数多くあります。そのほとんどがDXに遅れていて、まだガラケーを使われている社長さんも多くいるのが現状です。ですから、そういった私たちのお客さまやグループ会社にもKDDI まとめてオフィスさんを紹介して、おつなぎすることを始めているんです。そうすることで、私たちのお客さまも幸せにはたらくことができますし、私たちの信頼にもつながり、みんなWin-Winな関係をつくれますよね。

東リース 井上様

弊社が毎年主催している「東祭」というイベントに、KDDI まとめてオフィスさんにもブースを出していただいたことがありますが、大変多くのお客さまがブースに足を運んでいました。やはりどこの企業も、このままではいけないという危機感を感じていらっしゃるんでしょう。

東リース 黒米様

イベントには、建設業を営む方とそのお子さんもたくさん来場されます。だから、そのお子さんたちが「自分も建設業に進みたい」と思える業界にしていきたいんです。そのためには、DXによって業界のはたらき方を改革することは欠かせないピース。KDDI まとめてオフィスさんとは、そんな未来を実現するために今後ともお付き合いをしていければと思います。

KDDI まとめてオフィス 熊田

建設業は私たちの社会や生活を成り立たせている、なくてはならない存在です。その持続的な発展だけでなく、次の世代の方々が憧れを持てる業界にしていくため、業界のDXを一緒に推進していきたいですね。KDDI まとめてオフィスの存在が、東リース様のさらなる信頼にもつながり、建設業界のはたらく環境を変えることにつながっていくよう尽力いたします。

座談会の様子