POINT FOR IMPROVEMENT

ワークスタイル変革
ここがポイント

ワークスタイル変革の必要性を痛感しながらも、
自社にフィットする改善の糸口をつかめずに二の足を踏んでいる方はいませんか?
ここでは、中小企業の皆さまの仕事事情を熟知する私たちが、改善のポイントを徹底解説。
「生産性向上」と「従業員満足度向上」という変革に欠かせない二つの視点から、
失敗しないワークスタイル変革のいろはをお伝えします。
オフィス周りの課題解決は
KDDI まとめてオフィスにおまかせ!
1営業日以内にご回答!
今すぐ相談
POINT
02
社員満足のカギは、

やる気を引き出す空間設計

KDDI まとめてオフィスの私が、

成功の秘訣を解説します

スタッフの増員や建物の老朽化に伴うオフィスの引っ越し。オフィスの移転は、社員のパフォーマンスを高めるオフィス空間へと刷新する絶好のチャンスです。とはいえ、どうすれば働きやすいオフィス環境を形にできるのか、迷ってしまう方も多いはずです。通勤が待ち遠しくなるようなオフィス環境をつくる秘訣とは? ワークスタイル変革を強力に後押しする、これからのオフィスのあり方とは? 中小企業の皆さまに寄り添い、さまざまなオフィスの現場を見つめてきた私が解説します。

プロフィール

営業本部 法人営業4部 営業2グループ
小川 光祐

モットーは、「お客さまの事業内容や中長期的な事業計画をヒアリングしながら課題を探り、解決につながる提案をする」こと。7,000を超える取り扱い商材を駆使して、お客さまの多様な課題にベストアンサーを提供している。

まずは、オフィス環境改善の
3本柱を理解しよう

オフィス環境の改善にあたって大切にしたいのが、「空間」「インフラ」「制度・サービス」という3つの視点。これに沿って考えていけば、成功するオフィス環境改善の秘訣が見えてきます。
「空間」の改善とは、オフィスのフリーアドレス化や集中ブースの設置など、レイアウトにおける工夫のこと。「インフラ」の改善とは、快適性・居住性を高める空調・照明設備、コミュニケーション効率を高める通信ネットワークの見直しなど。そして「制度・サービス」の改善とは、社員の意欲とエンゲージメントを高める雇用制度や福利厚生の整備を指します。具体的に見ていきましょう。

レイアウトの工夫

オフィスの空間設計は、社員のやる気を引き出し、パフォーマンスを最大化するために重要な役割を果たします。テレワークの導入が推奨される今だからこそ、人と人が行き交い、イノベーションを生み出す新しいオフィスの役割が問われています。
特長
01
使われていない座席やデッドスペースを見直すことで、限られたオフィス空間を最大限、有効に活用できるようになります。
特長
02
フリーアドレスやミーティングスペースなど、目的に合わせて空間をデザインする工夫により、社員の能力を引き出すことで、生産性を高め、コミュニケーションを活性化します。
特長
03
近年、リフレッシュスペース、リラックススペースと呼ばれる空間の確保が重要視されていることをご存じでしょうか?
そこには自然と従業員が集まり、気軽なコミュニケーションが活発に生まれます。これは、メンタルヘルスケアの観点や、新たなイノベーションの創出機会の観点でも必要な空間といえます。

インフラの見直し

一言で「インフラ」と言っても、その範囲は多岐にわたります。空調・照明設備、オフィス家具など物理的環境にまつわるインフラ、社内外の通信ネットワーク、オフィス機器、ITツールや業務システムといった業務インフラも含まれます。
特長
01
空調・照明を最新式の設備に切り替えれば、ストレスのない、快適で居心地の良いオフィス環境を形にできます。
特長
02
省エネタイプの設備に切り替えたり、組み合わせておトクになる通信サービスを導入することで、大幅なコストダウンを実現できます。その余剰を、新たな投資に回すことも可能となるかもしれません。
特長
03
ネットワーク環境の整備やITツールの導入、ワークフローのデジタル化により、ムダのない業務環境へと改善できます。ハードとソフトの両面を整えることで、従業員はストレスなくイキイキと働くことができるのです。
福利厚生

福利厚生

福利厚生は、社員のワークライフバランスに配慮し、従業員エンゲージメントを高める上で欠かせないツール。社員の心身の健康を支え、彼らの人生を充足感あるものにするこれらの制度は、同時に企業ブランディングと価値向上の面でも有用、いわば「経営施策」の一環といえます。
特長
01
旅行・レジャー・グルメなど暮らしを楽しくするサービスを提供することで、社員のプライベートの充実を助け、その結果エンゲージメントが高まり、定着率向上につながります。
特長
02
時間がない、人が足りないといった背景から、人材の育成に課題を抱える企業さまに人気が高いのが、自己啓発やeラーニングなど教育に関するメニュー。可能な範囲はアウトソース化することで、会社の負担を軽減しますし、なにより社員の成長は、企業にとっても大きな価値となります。
特長
03
多様な働き方が求められる時代、一人ひとりの従業員が抱える背景もさまざまです。育児・介護の支援制度が充実した企業ほど、離職率が低いようです。ある調査によると、仕事と育児を両立するために職場で必要なことは?という設問に対して、「子育て支援制度の充実」と応えた人が60.2%と過半数以上を占めました。福利厚生は、社員の家族も大切にするという役割を担っています。
※地方総合経済研究所「女性の仕事と子育てに関する調査 〜求められる社員の理解を意識改革〜」より

ここがポイント!

オフィス環境改善とは、単に職場のレイアウトやデザインを刷新することではありません。その目的は、社員の皆さんにとって「働きやすい環境」をつくることであり、一人ひとりがイキイキと働く場を形にすることです。まずは、自社の課題をしっかりと把握することから始めてみてください。

そして、上でご紹介した3つの観点から、課題解決にベストなもの、優先順位の高いものは何かを選んでみてはいかがでしょうか?あなたの会社に合うオフィス環境改善の方法が、きっと見つかるはずです。

なぜオフィス環境改善が有効なのか
〜期待できる効果〜

効果
01
社員本来の

パフォーマンスが
発揮される

社員が集中して作業できるデスクレイアウトやストレスを和らげるスペースの設置、疲労を感じにくい環境設計などにより、社員のパフォーマンスが最大限に発揮されるオフィス空間を実現します。
効果
02
気づきや創造性を

刺激し合う「場」が
生まれる

部門を超えた横断的コミュニケーションを促すレイアウトや、リラックスして会話ができるミーティング空間など、社員のアイデアが引き出され、イキイキとした交流を生み出す場をつくります。
効果
03
社員満足度アップの

好循環サイクルが
生まれる

オフィス空間の改善と福利厚生など制度面の整備により、職場環境全体のレベルアップを図ることで、社員の「働きがい」を多角度的にサポート。その結果、企業に対する「愛着心」と「信頼感」が、好循環を描くサイクルが生まれます。
働き方改革法案施行の流れを受け、新しい働き方を先取りする次世代型のオフィス空間が次々と登場しています。こうした潮流は、数千人規模の大企業やグローバル企業はもとより、多拠点展開する中堅企業や少数精鋭で活躍する小規模企業など、その規模に関わらず見ることができます。特に、ビジネスの拡大や人員の増加にオフィス環境の整備が追いついていない企業さまにとって、オフィス環境改善は、さまざまな業務課題を一挙に解決できる大きな効果を発揮します。事業の将来像を見据え、「現在の最適」ではなく、「将来の最適」を考慮してオフィス環境改善を行えば、さらなる成長の原動力になるはずです。

ここがポイント!

オフィス環境改善にはさまざまな導入効果がありますが、私が一番に感じているのは「コミュニケーションの活性化」です。例えばフリーアドレスにすれば、部署の枠を超えて一緒に仕事をしている人の近くに座れるようになり、コミュニケーション効率が大幅に高まります。

また、チャットやWeb会議を活用すれば、スピーディなコミュニケーションが可能になり、業務の効率化が可能です。ほかにも、リラックススペースや偶発的な出会いが期待できるオフィス動線の設計により、上司と部下、同僚同士でのコミュニケーション量が増え、お互いの理解と仲間意識が深まることで定着率向上にも貢献できますよ。

セットでおすすめ

ここがポイント!

人材確保や従業員の定着に悩む企業さまに特に好評なのが、「まとめて福利厚生」です。豊富な特典メニューはもちろん、登録店でスマートフォンのアプリを提示するだけで優待が受けられる便利な機能も搭載し、多くの方にご利用いただいています。さらに「まとめて福利厚生」のeラーニング講座は、社員のキャリアアップや人材育成のアウトソーシングにも活用できます。外国人従業員の日本語教育に活用いただいているお客さまもおり、「人手をかけずに教育ができる」と感謝の声をいただいています。

オフィス移転やリニューアルは、抜本的な改善ができる一方で、内装工事・デザイン設計・オフィス家具の調達や、通信工事といった複数の業者に依頼・調整しなくてはならず、ご担当者さまに大きな負担がかかります。

KDDI まとめてオフィスなら窓口一つで、すべてを一括対応いたします。管理負担を軽減できる上、設備機器やサービスを最適な形で組み合せたご提案が可能になり、ワークスタイル変革をより高い次元で実現できます。