ホームThink with magazine生産性向上
社員の年間教育コスト、平均の1/10ではじめませんか?

生産性向上

社員の年間教育コスト、平均の1/10ではじめませんか?

2020年07月17日

200717_img1.jpg

目次

社員数に比例して社員研修コストが増えるのは仕方ない?

厚生労働省の労力開発基本調査によると通信教育など職場を離れて行う研修を活用する企業割合が70%ほどあるという結果が出ています。調査結果から、多くの企業は限られたコストの中で教育の質は維持しようと、OJTのみでなくOff-JTの研修を活用し社員の能力を伸ばそうとしています。社員数が多くなればなるほど比例して「社員教育への投資額」、「社外教育の活用の割合」が増加傾向にあることがわかります。

200717_img3.jpg
参照:厚生労働省 能力開発基本調査

200717_img2.jpg

企業にとってコストは抑えたいと考えつつも、社員の教育コストが大きな負担となっている現状もあるのではないでしょうか。

情報機関「産労総合研究所」の「2019年度の教育研修費用の実態調査」によると、2019年度社員一人の年間教育コストは39,841円となっており、仮に100名規模の企業だと年間約400万円のコストがかかることになります。

200717_img4.jpg
出典:産労総合研究所 2019年度教育研修費用の実態調査

「まとめて福利厚生」でコストの1/10に削減!?

「まとめて福利厚生」の無料eラーニングを使えば、年間教育コストの1/10の価格で新卒に向けてのビジネス基本スキルやPCスキル、営業スキル、資格取得などの講座(全292講座)が受け放題です。

まとめて福利厚生は1名あたり月額400円(※)で導入する事が特徴です。
コストを抑えながらも多彩なラインナップの中から、従業員一人ひとりのスキルアップに合わせて選択することができます。

従業員のスキルアップは企業全体の生産性向上に還元されていきます。
学ぶ意欲をしっかりとサポートする福利厚生サービス導入を、ぜひご検討ください。

(注※)入会時には入会金50,000円(税別)が別途発生します。

【無料お役立ち資料】中小企業向け福利厚生ガイド

関連サービスのご紹介

※ 記載された情報は、掲載日現在のものです。