STAGE02

クラウドサービスを活用して業務を効率化

業務用にスマートフォンなどのデジタルデバイスを用意したら、次に行うのはインターネットを介したクラウドサービスの活用です。クラウドを活用することで、全社的に業務効率化、生産性の向上を実現しましょう。これにより、外回りの多い営業担当は直行直帰が可能となる、出社が難しい社員は在宅で仕事ができるなどといったさまざまな効果があります。

Point 05

セキュアな通信環境がある

Check
すでに対応している内容にチェック!

合わせて見られているPoint

Point 03 情報の共有・見える化
Point 04 働く場所を選択できる
Point 06 バックオフィス業務の効率化

例えばこんなことがありませんか?

業務用端末の管理と、紛失時の対応で四苦八苦

パソコンやスマートフォン・タブレットなど、業務用端末の管理を任されているAさんは、新年度を迎えるたびに大忙しです。新入社員や退職者の情報をエクセルで管理し、貸与していた端末の回収や、新入社員へ1台ずつスマートフォンとパソコンの配備をする必要があるからです。そのため、ここ数週間は残業がつづいています。また、先日会社から支給したスマートフォンを紛失する社員が出て、問題になりました。上司からは、「端末を紛失した場合の対応策について、至急報告せよ」という指示も受けています。今日もまた残業になりそうです。

セキュリティ対策で業務が滞る

コロナ禍で導入されたリモートワーク制度を使い、在宅勤務をしているBさん。働き方の柔軟性は得られたものの、セキュリティ保護のためにさまざまなソフトウエアのインストールで、仕事の手続きが複雑化してしまいました。拠点へのVPN接続が集中して、社内データの送受信に時間がかかるなど、不自由な部分も許容しなければならない状況がつづきます。ウィルス攻撃などのリスクに備える必要は分かるのですが、もっと楽にならないものだろうかと夢想してしまいます。

コストのかかるネットワークの変更と拡張

情報セキュリティシステム部門のCさん、コロナ禍で拠点の統廃合やビジネスの見直しに合わせてセキュリティやネットワークの見直しの機会が急増しています。短期間の変更が相次ぐ毎日ですが、最近費用と工期のバランスが気になり始めました。ちょっとした変更にも時間とコストがかかり、思い描くネットワークを構築するにもひと苦労です。都度見積もりの検討、スケジュールを調整するといった手間なく、最適なネットワークやセキュリティを思い通りに選択できる方法があれば、無駄を省けるので良いと考えています。

セキュアで高速なネッ
トワークに切り替えましょう

社内外のサーバーへの経路を仮想化し通信量を抑制するバーチャルスイッチの導入や、
インターネットへの出入口にUTMと呼ばれる装置の設置、VPNの採用がセキュリティの向上と通信の安定化を実現します。

「VPN」で安全な通信経路を確保

「VPN」で安全な通信経路を確保

コアテクノロジーにMPLS (Multi-Protocol Label Switching) 技術を採用することにより、お客さまのデータを安全かつ確実に転送するセキュアなIPネットワークを実現しました。豊富なアクセス回線でビジネスニーズに合わせて柔軟にトラフィック量をお選びいただけます。社内情報共有、外出先での迅速なデータ入手、TCO削減など、さまざまな効果をもたらします。

「UTM」でネットの出入口にセキュリティを

「UTM」でネットの出入口にセキュリティを

インターネットと複数のセキュリティ対策をおまとめしました。導入から保守受付までワンストップでご利用いただけます。Webフィルタリングやアンチウィルス、ファイアウォールなど、複数のセキュリティ機能を1つのハードウェアに統合し、ハードウェア保守、セキュリティライセンスとのセットでご提供します。低価格かつ高速のインターネット接続を実現します。

「仮想ネットワーク」による統合と最適化

「仮想ネットワーク」による統合と最適化

仮想ネットワーク機能でアクセス回線を集約しつつ、複数のネットワークをカスタマーコントローラ上で一元管理します。ネットワークの追加も柔軟かつ迅速に対応できます。クラウド化した各種セキュリティで、初期投資の負荷を軽減し、固定資産を持たずにセキュリティ対策の強化を可能にします。

「KDDI Smart Mobile Safty Manager」

「KDDI Smart Mobile Safty Manager」

スマートデバイスのセキュリティ対策と、遠隔設定・資産管理などを一元化できるサービスです。Google社が提供するゼロタッチ登録機能に対応し、Android Enterprise をご利用いただけます。これにより、より強固に端末を管理し、セットアップにかかる時間も削減できるため、運用者の負荷軽減にもつながります。

「KDDI Business ID」

「KDDI Business ID」

KDDI Business ID でクラウドサービスのIDを一つにまとめることができます。これにより、カンタンなID管理とセキュアなアクセスが可能となります。初期費用は0円、月額料金のみでご利用いただけます。また、KDDIの自社設備内で構築・運用し、24時間365日の保守を実現しました。より安心してIDをお預けいただけます。

関連コンテンツ

導入事例

コラム

WEB セミナー

KDDI まとめてオフィス
におまかせください

KDDI まとめてオフィスは、KDDIの高品質な通信を基盤に、働く「場」をつなぐスマートフォンなどの通信機器や、クラウド、セキュリティサービスをまとめてご提供します。また、オフィス家具の導入や、移転・縮小・レイアウト変更など、空間に関するお悩みにもお応えできます。お客さまのビジネス課題に対して、導入からアフターサポートまでワンストップで対応可能な、KDDI まとめてオフィスにおまかせください。

「いい仕事場で、いい仕事。」

コスト削減
業務効率化
デジタル化・DX
新しい働き方
感染対策
危機管理

通信やワークスペースをはじめ、
あらゆる経営課題をKDDI まとめてオフィスが
「まとめて」解決します。

通信環境やクラウド、セキュリティ、オフィス空間まで、あらゆる経営課題をKDDI まとめてオフィスが「まとめて」解決いたします。

受発注の一本化で選定コストを圧縮。
オフィスに必要なものがあったらお気軽にご相談ください。

導入は簡単!
KDDI まとめてオフィスの
営業がフルサポート

「いい仕事場で、いい仕事。」あらゆる経営課題をKDDI まとめてオフィスが「まとめて」 解決いたします。
あらゆる経営課題をKDDI まとめてオフィスが「まとめて」 解決いたします。