ホームThink with magazine生産性向上
LINEと連携できるLINE WORKSを使って安全に社外の人と連絡を取ろう

生産性向上

「LINE WORKS with KDDI」カスタマー通信

LINEと連携できるLINE WORKSを使って安全に社外の人と連絡を取ろう

2020年03月19日

目次

アルバイトやパートの人たちと連絡を取るには、LINEが便利、だが?

パートやアルバイトの人たちは、LINE WORKSのアカウントがないことがほとんど。でも、シフト連絡をはじめとするコミュニケーションは、いまやLINEがほとんど。結果、店長をはじめとする社員の個人のLINEアカウントでパート、アルバイトスタッフと連絡を取るようになりがちではありませんか。しかし、私用のスマートフォンを使って、個人のLINEアカウント同士で業務連絡を行うことは、セキュリティ上、問題になることも!社員とパート、アルバイトの人たちのやりとりを会社が管理できないことも問題です。万一トラブルが起こっても会社が対応できませんし、そもそもトラブルを未然に防ぐこともできません。いくら便利でも、個人のスマートフォン、個人のLINEアカウント同士で会社連絡を取ることはできるだけ避けたほうが良いでしょう。

LINE連携で、LINE WORKSのアカウントで連絡が取れる!

「LINE WORKS」のLINE連携機能を使うことにしてみると、セキュリティ設定もでき、さまざまなメリットがわかったと、店長が言っていました。まず「勤務時間外は通知をオフにできる」こと。プライベートのLINEなら、友人との連絡もあるので夜でも通知をオフにできませんが、仕事のものならば、堂々と勤務時間外は通知オフに。おかげで夜遅く対応することもなくなったそうです。次に、「LINEのニックネームを変更できる」こと。パートやアルバイトの人達のLINE個人アカウントは「〇〇ママ」など、ひと目で誰とわからないものが多く、間違えてしまうこともあったそう。LINE WORKSなら連携しているLINEアカウントの表示名を変更できるので、わかりやすくなったと言っていました。

さらに、やりとりの内容を社員同士で共有できるので、休みの日には別の社員が対応したりできるようになって、負担が減ったとのこと。本社でもセキュリティやコンプライアンスの課題が解決できたと安心していました。

LW_07_column_01_new.png

資料ダウンロードのご案内

※ 記載された情報は、掲載日現在のものです。