ホームThink with magazineテレワーク
テレワークで社員のモチベーションが低い原因は?モチベーションを上げる方法を解説

テレワーク

テレワークで社員のモチベーションが低い原因は?モチベーションを上げる方法を解説

2021年03月30日

モチベーションが下がっている人の写真

テレワークの導入を進める企業が増えている一方で、テレワークによる従業員のモチベーション低下が問題となっています。この記事では、テレワークによる従業員のモチベーション低下に悩んでいる人に向けて、テレワークでのモチベーション低下の原因や改善方法について解説します。従業員の生産性向上のために役立ててください。

目次

通信・クラウド・セキュリティに関するご相談はKDDI まとめてオフィスにお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームはこちら

テレワーク導入後のモチベーション低下が問題に

リクルートキャリアが発表したアンケート調査で、「モチベーションが低下している」と回答した人数をテレワーク実施前後で比べると、テレワーク実施後の方が多いという結果になりました。特に、「チームで取り組む仕事が減った」と回答した人のモチベーションが下がっている傾向にあります。

テレワーク実施前後でスコアが大きく低下した要素として「仕事の全体感の把握」「仕事の重要性の実感」「上司や同僚からのフィードバック」の3つが挙げられるため、これらがモチベーション低下に関係していると考えられます。

まずはKDDI まとめてオフィスにご相談ください

モチベーションが低下する原因とは?

テレワークは自由度が高いため、一見すると従業員の満足度は上がりそうですが、なぜモチベーションが低下してしまうのでしょうか。そこには、働き方の自由度が高いが故の原因が含まれています。ここでは、テレワークによって従業員のモチベーションが低下する原因について解説します。

オンオフの切り替えをしにくい

モチベーションが低下する原因のひとつとして、オンオフの切り替えがしにくいという点が挙げられます。オフィスに出勤する場合は出社が仕事モードへの切り替えになりますが、自宅で仕事をするテレワークでは、気持ちの切り替えが難しくなるのがデメリットです。そのため、仕事モードになれないまま仕事に取り掛かり、モチベーションや作業効率の低下につながってしまいます。

テレワークでもしっかりオンオフの切り替えを行うには、服を着替える、生活するエリアと仕事をする部屋を分けるなど、環境を整えるのが効果的です。

コミュニケーション不足になりやすい

コミュニケーション不足も、従業員のモチベーション低下の原因となります。同僚や上司、チームの仲間などと直接会って話をする機会がほとんどなくなり、黙々とひとりで仕事をしているとモチベーションが低下してしまう人もいます。コミュニケーションに重きを置いている人ほど、この傾向があるでしょう。

テレワークでもコミュニケーション不足に陥らないようにするには、雑談や会議の時間を意識的に設けるのが効果的です。テレワークでは、意識的にコミュニケーションを取らなければ何日も誰とも会話をしないという状況も起こり得ます。コミュニケーションの場は定期的に設定しましょう。

チームの一体感を感じにくい

テレワークに限った話ではありませんが、仕事をするうえでチーム内の関係作りや従業員同士の人間関係を良好に保つことは重要です。チームの一体感が感じられないこともモチベーション低下につながるため、テレワークでは特にチームワークの重要性が高まります。

テレワークでもチームの一体感を保つために、社員間で情報や熱意の共有ができる仕組みを整えると効果的です。例えば、定期的に会議の場を設けたり、タスク管理ツールなどを使ってチーム内の進捗状況を可視化したりすると、テレワークでもチームで仕事をしているという実感が得られます。

集中力が低下してしまう

自宅で仕事をしていると、仕事以外のことに気を取られて集中力が低下してしまうケースがあります。特に、仕事場所と生活スペースを分けるのが難しい人は、思うように仕事がはかどらず、モチベーション低下の要因となります。人によっては家事や子育てをしながらのテレワークとなり、集中したくてもできないというケースもあるでしょう。

仕事の効率を上げて集中力を維持するためには、ツールなどを活用して不必要に仕事を中断させない配慮が必要です。それぞれの自宅の環境にもよりますが、作業に集中しやすいワークスペースを整えることも効果的です。

疲労やストレスが溜まっている

自宅のワークスペースが仕事に適したものでなければ、姿勢に無理が生じたり疲労が溜まりやすくなったりするため、モチベーションや作業効率が低下する要因となります。オフィスは仕事をするための環境が整っていますが、自宅に用意できるワークスペースは従業員ごとに異なるため、注意が必要です。仕事に適した環境を用意できない人は、テレワークにストレスを感じていることもあります。

先述のとおり、オンオフの切り替えがうまくできない人もいるでしょう。その場合、身体の疲労だけでなく精神的な疲労にも及ぶ可能性があります。このように、疲労やストレスをうまく解消できずにモチベーションが低下する恐れもあります。

まずはKDDI まとめてオフィスにご相談ください

社員のモチベーション低下で起こるデメリット

社員のモチベーションが低下すると、さまざまなデメリットがあります。ここでは、社員のモチベーション低下で起こるデメリットについて解説します。

従業員のサボりが発生する

テレワークでは上司や同僚の目がないため、「少しくらいサボってもバレないだろう」などの怠け心が出やすいというデメリットがあります。テレワーク開始直後は真面目に仕事に取り組んでいた人でも、ストレスや疲労が溜まることでモチベーションが下がってしまいます。そうすると、気のゆるみにつながる場合もあるため、注意が必要です。

社外からの信用を失う恐れがある

従業員のモチベーションが下がった状態が続くと、周囲からやる気がないと見なされて本人の評価が下がります。評価が下がるとさらにやる気を失うという悪循環に陥る可能性もあるでしょう。そのような場合、社内の評価だけでなく、取引先などの社外からも「やる気のない社員がいる」と見なされて会社全体の信用に関わります。

組織力や生産性低下につながる

チームにモチベーションの低い人がいると、意見交換がスムーズにできなくなり、チームとしての一体感や生産性が低下する恐れがあります。それにより周りの社員もモチベーションが下がるなど、チームへの悪影響が懸念されます。このような事態を防ぐには、仕事のToDoリストや締め切りをしっかりと決めて共有する、定期的に進捗確認のコミュニケーションをとるなど、サボりにくくする工夫が必要です。

まずはKDDI まとめてオフィスにご相談ください

テレワークでの従業員のモチベーションを上げる方法

先述のとおり、テレワークによる従業員のモチベーション低下はさまざまなデメリットがあります。そのままにしていてはモチベーションの低い従業員が増えてしまう恐れがあるため、対策が必要です。ここでは、テレワークにおける従業員のモチベーションの上げ方について解説します。

作業環境を整備する

テレワークによるモチベーション低下を防ぐためには、効率よく業務に取り組める作業環境を整備することが重要です。具体的な対策として、負担のない姿勢で仕事ができるデスクや椅子、作業効率のよい仕事用デバイス、安定した通信が可能なネットワーク環境などを用意すると、ストレスなくテレワークができるでしょう。

従業員の自宅環境によっては、仕事用の作業空間を設ける必要もあります。もちろん、従業員それぞれの自宅によって可能な範囲の対応になりますが、やはり集中して仕事をするためには専用のスペースを設けるのが効果的です。

休息の時間を意識的に設ける

1日中PCに向かって作業をしていると身体への負荷が高くなり、疲労やストレスが溜まりやすくなります。先述のとおり、疲労やストレスはモチベーション低下につながるため、その前に解消しておかなければなりません。

定期的に休息を取ったり、運動習慣をつけたりすると効果的です。テレワークでは、メリハリをつけて仕事をしなければダラダラと長時間作業をしてしまう人もいるため、心身の疲労を溜めないような意識づけも大切です。

コミュニケーションを改善する

人によっては、テレワーク中に黙々と作業を続けることによって孤独を感じやすくなります。孤独感を感じないように、コミュニケーションを改善する必要があります。チーム内や社員間で積極的にコミュニケーションを取れる環境を整え、コミュニケーションを促すと効果的です。

コミュニケーション改善のためには、チャットツールやWeb会議システムの導入を検討しましょう。テレワーク中のコミュニケーションに特化したツールを取り入れることで、コミュニケーション不足の解消に効果があります。

意思疎通ができないことによる業務効率低下を防ぐという意味でも、これらのコミュニケーションツールの活用は有効です。

コミュニケーションツールは「LINE WORKS with KDDI」がおすすめ

テレワークでもストレスなくコミュニケーションが取れるツールとして、LINE WORKS with KDDIがおすすめです。使い慣れたLINEの操作性をそのままに、ビジネス用のチャットとして利用できます。ビジネスシーンに適した安全なセキュリティ機能が搭載されているため、業務利用にも安心です。

チャット機能やビデオ通話機能はもちろん、チーム内のスケジュールを共有できるカレンダー機能、社内の情報共有に使えるホーム機能なども利用できます。

LINE WORKS with KDDIのご紹介はこちら

まずはKDDI まとめてオフィスにご相談ください

まとめ

テレワークでは、従業員のモチベーション低下が起こる可能性があるため注意が必要です。モチベーション低下にはデメリットしかないため、対策を行ってモチベーションの低下を防がなければなりません。コミュニケーションツールの導入や、PC・ネットワークといった作業環境を整えることが有効な方法です。テレワーク導入の際にはこれらの対策を講じておきましょう。

KDDI まとめてオフィスでは、テレワークの作業環境をハードとソフトの両面からサポートを行っています。KDDIの高品質で安全性の高いサービスをワンストップで提供しているため、テレワーク環境の整備を検討している場合は、ぜひご相談ください。

KDDI まとめてオフィスのテレワークの詳細はこちら

※ 記載された情報は、掲載日現在のものです。