ホームThink with magazine生産性向上
電池切れでもあわてないための対処法

生産性向上

モバイルの活用

電池切れでもあわてないための対処法

2020年02月04日

200302-4_img1.jpg

大切な連絡を前にスマートフォンの電池切れが近づき、あわてたことがあなたにもあるはず。そんな時、思い出してください...

かしこく使い分けたい、街で見かける充電スポット

仕事で外出中、電話やメールで連絡がどんどん来るのに、そろそろ電池切れが近い。そんな時、あなたはどうしますか? 

・コンビニでモバイルバッテリーを購入する。
その手をまず思い付きますよね。ここでご注意いただきたいのは、そのモバイルバッテリーが買ってすぐに使えるタイプかどうかです。パッケージをよく見て確認してから購入しましょう。乾電池式のタイプを選ぶ手もあります。ただし安くても千円前後、高いものだと数千円はするコストが難点です。でも、それを買ってつねに充電して持ち歩けば、電池切れの不安から解放されます。

・カフェやハンバーガーショップの電源フリー席へ向かう。
今いる場所のそばにお店があればよいですね。ですが、電源フリー席が空いているか、入店前にチェックが必要です。それに充電ケーブルを持ち歩いているかも事前に確認が必要です。ドリンク片手に電源フリー席に座れたのはいいけれど、ケーブル忘れで結局使えなかったら悲惨です。

・マンガ喫茶を探す。
確かにその手もアリですね。貸出用の充電ケーブルを用意しているマンガ喫茶も多いので、ケーブル忘れの際も助かります。

・有料の充電スポットへ向かう。
家電量販店や大手のディスカウントショップなどで見かける「充電ステーション」などと呼ばれるコーナーですね。暗証番号式の鍵付き充電ボックス式のものが多いので、充電中その場を離れて買い物できる点も便利です。

・新しいタイプのタクシーを探す。
それはよいアイデアですね。ロンドンタクシー風など新しいタイプの車両には充電ソケットの用意があるものが多いようです。これを活用すれば目的地への移動中に充電できて効率的。ただしこの場合も充電ケーブルを持ち歩いていればですが。

・自分が使用する通信キャリアの店舗を探す。
とはいえ、何年も同じスマートフォンをお使いでバッテリーの持ちが落ちてきている方には、街中で充電スポットを探さずに済むように、早めのバッテリー交換をオススメします。

200302-4_img2.jpg

※ 記載された情報は、掲載日現在のものです。